保存食

べったら漬け

13.02.14べったら本漬け

【材料:大根2.3Kg分】
大根・・・・・・・・・・・・・・大1本(2.3Kg)
(皮をむいて・・・・・・・・・・1.7Kg)
塩(かわをむいた大根の4%)・・70g
麹甘酒・・・・・・・・・・・・・400〜450g

【作り方】
1)大根は葉と皮をむき、タテに2等分する。それをさらに太さによって2〜3等分する。

2)全体に分量の塩をまぶして保存容器に入れ、均等に重さがかかるようにトレーを置いてその上に重しを置く。
※重さは1〜2Kg位のものがベスト

3)涼しいところ、ベランダ、物置部屋などに置き1〜2日、大根の水が上がってくるまで下漬けする。

4)ザルに上げて大根の水気を切り、麹甘酒を全体にまぶして保存容器に入れて上からラップを均等にひろげ、麹甘酒が均等に覆うようにする。1〜2日後が食べごろ。


【ポイント】
1)塩分量は下漬けした時に塩っぱいかなというくらいでいいです。後から甘酒で漬けた時に塩分が抜けるので薄いと出来上がりの味が薄くなります。
2)甘酒は市販の糀甘酒でも可。その時に甘みがそれぞれ違うので注意。
3)糀甘酒の量は全体に覆う位の量が目安。
4)糀甘酒で漬ける時、お好みで鷹の爪、柚子の皮などお好みの風味を加えても可。

※市販のべったら漬けは増粘剤やお砂糖が入っている物がありますが、家庭でも自然な甘さのべったら漬けが出来ます。

-保存食
-,

Copyright© taberukoto.com , 2021 All Rights Reserved.