夏メニュー

豚しゃぶとアボガドのサラダ仕立て

16.08.08butashyabu

【材料:2〜3人分】
豚肉スライス肉・・・・・・・・300g
レタス・・・・・・・・・・・・適量
セロリ菜・・・・・・・・・・・適量
紫玉ねぎ・・・・・・・・・・・1個
アボガド・・・・・・・・・・・1個
トマト・・・・・・・・・・・・1個

<わさび醤油だれ>
醤油・・・・・・・・・・・・・大さじ3
水・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
みりん・・・・・・・・・・・・大さじ1
甜菜糖・・・・・・・・・・・・小さじ2
ごま油・・・・・・・・・・・・小さじ2
練りわさび・・・・・・・・・・小さじ2(好みで調整)

【作り方】

1)紫玉ねぎは薄くスライスし、塩水にしばらく浸けて辛味を抜く。
食べてみて辛味が抜けたらざるに上げ、リードペーパーなどにくるんで水気を絞る。

2)レタス、セロリ菜、トマトは洗って食べやすい大きさに切る。

3)アボガドは半分に割って中の種に包丁を当てて取り出し、皮を剥いて食べやすい大きさに切る。

4)わさび醤油だれを作る:小鉢に練りわさびを入れ、ごま油以外の材料を加えてよく溶く。
味が整ったらごま油を入れて全体を混ぜる。

5)鍋に300〜600ml程度の水を入れて火にかけ沸騰したら、日本酒、和風出しを入れ、
豚肉をほぐしながら茹でていく。肉の色が変わり火が通ったら、水の張ったボウルにとり、アクを洗う。

6)豚肉をざるに取り、氷を入れて冷やす。冷えたらしっかりと水気を切り野菜と一緒に皿に盛る。

7)わさび醤油だれをかけていただく。

 


【ポイント】
野菜はお好みの野菜を使って可。
豚肉はゆでるとアクが出るので、充分にアクをとってから器に盛ること。
夏場はさっぱりとサラダ仕立てで野菜もたっぷり取れる一品です。

 

◯沢山の彩り野菜をとって、夏向きの食べ方をする!

沢山の野菜と、沢山の彩りの野菜を、加熱時間の短い生で食べるのは、
マクロビオティックでは、夏の調理法の1つです。

玄米菜食=マクロビオティックと捉えられてしまい、
制限的に考えてしまいがちですが(はい、私もそうでした)、

実は、季節や地域、体調によって、食べ方や食べ物を調整することです。

 

◯各種ビタミン類が豊富な豚肉は、夏の疲労回復に最適!

暑さで疲労しやすいこのじきは、ビタミンB1が豊富な豚肉はおススメです。

【豚肉の主な栄養成分】
・ビタミンB1:
鶏肉、牛肉に比べて豚肉に多く含まれるビタミン。
炭水化物をエネルギーに代えると同時に、疲労物質を分解排泄して身体にエネルギーをもたらす。
脳の中枢神経、手足の末しょう神経を正常に保つ。
アルコールの分解に多く消費されるので、夏場のビールの飲み過ぎには補給したい栄養素
※ニンニク、ニラ、玉ねぎ、などに含まれるアリシンを一緒に摂ると、吸収率が5〜6倍に高まる。

・ビタミンB12:
血液を作るビタミンで植物性食品からはほとんど摂れない。
末しょう神経の修復と維持。

・ステアリン酸:
豚肉に含まれる飽和脂肪酸であるステアリン酸は、
肌の保湿や、潤い、ハリを与えてくれる、美肌成分。

コレステロールを低下させる脂肪酸が多く含まれる

・たんぱく質:
身体(筋肉、皮膚、髪、つめ、など)を作る栄養素。
疲労回復、筋肉を作る、免疫力を高める、老化防止など

・ナイアシン:
ビタミンB3、ニコチン酸とも言われる。
糖質や脂質をエネルギーに代えるときに補酵素を助ける存在。
皮膚や粘膜を健康に保ち、脳神経を正常に働かせる。
関節の改善や悪玉コレステロールの低下などに対する研究もある。

 

動物性食品には、菜食では摂れない栄養素も効果的に摂取する事が出来ます。
それが分かってから、お肉食も復活させたワタクシ。
どんな食事をとるかを考えた時、なぜそうするのか?を合わせて考えれば、自分自身が健康で、やりたい事をやれる。そして幸せでいる。という目的がある。

 

◯森のバター・アボガドは栄養が豊富

熱帯アメリカ原産のアボガド。
輸入果物で、普段は避けてしまいますが、たまに有機のものを見かけます。
コレステロールを減らす働きがある、リノール酸、リノレン酸が含まれる。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富です。

・ビタミンB2:
脂質をエネルギー源に変える。
活性酸素による細胞膜の酸化を抑えて細胞の再生を促進させる。
身体の細胞膜、粘膜は脂肪を材料とする事から皮膚や粘膜の健康を維持するのに必要になる。

・ビタミンE:
強力な抗酸化ビタミン。
肌のターンオーバーを促し、血流を良くする事で肌の若さを保つ。
細胞膜や血管を丈夫にして脳卒中や動脈硬化、心臓病などを予防する効果も期待できる。

2016-08-13 | Posted in 野菜食No Comments » 

 

梅シロップ

16.07.03umeshiro1

◯材料は梅とビート糖、そして少しのリンゴ酢だけ

梅仕事の恒例アイテム!梅シロップも作りました。
今年はどどっと3kgを漬け込みました。

疲労回復の三大成分は
クエン酸、イミダペプチド、コエンザイムらしいので、

梅に豊富に含まれるクエン酸で
この夏を乗り切ろう!と思ってます。

【材料:梅3Kg分】
吉野有機南高梅・・・・・・・・・・3Kg
ビートグラニュー糖・・・・・・・・梅の80%24000g
(梅 1Kgに対して・・・・・・・・800g)
リンゴ酢 呼び水として・・・・・・40ml

【作り方】
1)梅はヘタをとり、たっぷりの水に浸けながら柔らかい布等でホコリを取りながら洗う。
2)ザルに空けて、しっかりと水気を切り、ジップロック袋等に入れて一晩〜1日冷凍する。
3)清潔な保存瓶にビート糖を少量敷き、凍った梅とビート糖を交互に重ねながら瓶に詰める。
4)梅から水分が出て、梅がシワシワになるまで3〜4週間漬け込む。
5)好みで炭酸水や牛乳、豆乳などで割って飲む。

 


【ポイント】
梅を一旦凍らせる事で繊維が壊れ、梅のエキスが出やすくなります。
呼び水と殺菌のために少量のリンゴ酢を加えています。なければ入れなくてもいいです。
漬けた当初は温度差で、瓶の周りにあせをかきやすいのでタオルなどをまいておくといい。
保存瓶は清潔なものを使い、直射日光のあたらないところにおく事で、腐敗や異常発行しにくくなります。
時々降ると固まったビート糖が溶けやすくなります。

 

◯糖質制限がきになるけど、少ないとダメよ!。

糖質制限が叫ばれる昨今ですが、保存法の1つに<糖蔵>という方法があります。
つまりお砂糖に漬け込んで保存性を高めるという方法です。
今回、糖度は80%ですが、上限は100%〜下げてもせいぜい70%まで。
あまり少ないと、梅からもエキスが出にくいですし、腐敗しやすくなります。

◯夏は暑いので糖も少し必要です。

インドの甘いミルクティー・チャイ。北アフリカの甘いミントティー。
暑い場所では、甘い飲み物、食べ物が多いですが、
暑さで身体が凝縮(陽性)してしまうのを、甘さ(陰性)でゆるめて
バランスを取ろうとしています。

もちろん、
汗とともに出てしまうミネラル分の補給として<塩分>も大切です。
身体が欲するものをうまく感じ取って、水分補給、糖質補給、塩分補給
して夏を乗り切りませう!。

◯4週間経って解禁しました!。

16.07.26umeshiro2

2016-07-05 | Posted in 保存食No Comments » 

 

完熟南高梅の梅ジャム

16.07.03umejam1

16.07.03umejyam2

16.07.03umejam3

◯長く楽しむための保存食

梅の季節は夏の間だけですが、ジャムにしておくと1年は持ちますよ。
清潔な保存瓶を使い、糖度をあまり下げないほうがいいです。

【材料 梅2Kg分】
完熟南高梅・・・・・・・・・・・・2Kg
甜菜グラニュー糖・・・・・・・1400g
(梅の70~90%)

【作り方】
1)梅はヘタをとり、たっぷりの水に浸けながら柔らかい布等でホコリを取りながら洗う。
ザルに空けて、水気をしっかりと切る。
2)ステンレスやほうろうの鍋に梅を入れ、水をかぶる位まで注ぎ、強めの中火にかける。

3)全体に熱が回るよう手やさえ箸で泳がせながら、50℃位に水の温度が上がったら、

ザルにあける。再度梅を鍋に戻し、水を注いでゆで、同じ作業を1〜2回繰り返す。

4)ザルに上げた梅の粗熱がとれたら、種と実に分ける。

5)梅の実と甜菜グラニュー糖の1/3量を鍋に入れ、ふたをして中火にかける。
※ふたをした方が、梅から水分がでてきやすいようです。ふきこぼれに注意!。

6)ブクブクと沸騰してきたらアクをすくいながら、残りの甜菜グラニュー糖の1/3量を加え5分程煮る。

7)さらに残りの甜菜グラニュー糖を加え、ふたを開けて15〜20分煮る

8)表面がとろっとしてきたら熱湯消毒した保存瓶に入れ、途中で天地を逆にして瓶口を蒸気殺菌する。

 


【ポイント】
1、鍋に梅を戻して煮る時、最初のグラニュー糖1/3量を入れてたらふたをする事で、梅から水分がグッと出てきやすい。
2、沸騰してきたら、あくが出てくるので丁寧にすくうこと。
3、最後のグラニュー糖を加えたらふたをせず、煮詰める感じで煮る。
4、煮上がりはトロ〜ッとした状態でいい。冷めるとゼリー状に固まるので、煮詰め過ぎに注意。
5、糖度は梅の総量の70〜90%にすることで保存性が高まります。
6、熱湯消毒した瓶に入れて半年は常温保存可能。(高温多湿、直射日光をさけて)

2016-07-03 | Posted in 保存食No Comments » 

 

Pages: 1 2 3 4 5 6