保存食

日本酒の梅酒

ta16.07.03umeshyu

◯日本酒で梅酒をつくる!   

梅仕事が始まりました。
いつも取り寄せている、奈良県吉野の有機栽培の南高梅。
今年は雨が多いらしく、到着が7月になりました。

梅酒は、ホワイトリカーで作るもの!と思いきや、
ウィスキーで漬けたり、本みりんで漬けたり、
ベースのお酒は、好みで選べます。

甘味も、氷砂糖に限らず、黒糖使っているのもありますよね。

私は、本みりんで漬けた事がありますが、
すぐに漬かってしまい、梅を出し忘れてしまうと、
煮詰まったような味になってしまいます。

昨年、澤の井の【梅酒にしたら美味しい原酒】と、
氷砂糖控えめのさっぱりとした梅酒を漬けたら、

これがなかなかいけます!。
なので、今年は増量して梅酒は2Kgの梅で作りました。

◯日本酒の梅酒の作り方                   

【材料】
南高梅・・・・・・・・2Kg
氷砂糖・・・・・・・・900g
澤の井<梅酒にしたら美味しい原酒>・・・・・2升(3.6L)

【作り方】
1)梅はヘタをとってたっぷりの水に浸けながら、柔らかい布でホコリを取るように洗う。
※洗っている間に水に浸しているので、あく抜きもできる。
2)ザルに空け、しっかりと水気を切る。
3)梅の表面が乾いたら竹串でツンツンと穴をあける。
4)清潔な保存瓶に、梅と分量の氷砂糖をいれ、日本酒を注ぐ。

冷暗所において3〜4ヶ月おく。


去年は11月頃に飲み始めて、甘すぎずに食前酒にちょうどいい感じでした。
食事前に少しこうした薬酒を飲むのは、胃の緊張をほぐして食欲を高める効果があるそうです。

ta16.07.03ume1

2016-07-03 | Posted in 保存食No Comments » 
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)