常備菜

ひじきの梅煮

15.03.25ヒジキ煮

【材料:煮上がり100g分】
長ひじき・・・・・・・・・・・15〜18g(約1袋分)
みりん・・・・・・・・・・・・大さじ1/2〜1
醤油・・・・・・・・・・・・・大さじ1〜2
梅干し・・・・・・・・・・・・中1個
水・・・・・・・・・・・・・・適量

【作り方】
1)長ひじきは袋の上から短くなるように割り、ボールに開けて2〜3回水を替えながら洗い、きれいになったら水につけて戻す。

2)柔らかくなったらザルにあけて水を切り、鍋に入れて強火にかけ1〜2分から煎りし、磯臭さを飛ばす。

3)かぶるくらいの水とみりんを加えて強火にし、沸騰したら弱火にして10分程ひじきが柔らかくなるまでフタをして煮る。

4)醤油、梅干しの種と実、てん菜糖を加えて一混ぜし、更に5〜10分程汁気が無くなるまで煮る。

 


【ポイント】
1、ひじきは袋の上からばりばりと、割るようにして短くしてもいい。
2、ほかの具材、玉ねぎ、人参などを加えて煮てもいい。その際にはごま油などを使い、先に鍋でさっと炒め、その後にひじきを炒めて煮るといい。

◎15gの乾燥ひじきで煮上がると約100gの総量になる。

2015-05-28 | Posted in おかずNo Comments » 

 

ふきの土佐煮

15.04.19蕗土佐煮1
プロセス①

15.04.19蕗土佐煮2
プロセス⑤

15.04.19蕗土佐煮3
プロセス⑦

【材料:ふき1束分】
ふき・・・・・・・・・・・・1たば
塩(下処理用)・・・・・・・1つかみ

<調味料>
白醤油・・・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2

だしこんぶ・・・・・・・・・15㎝位のもの1枚
干し椎茸・・・・・・・・・・2枚
かつお節・・・・・・・・・・1つかみ

 

【作り方】
0)昆布と干し椎茸の出しは水800mlの水にだしこぶと干し椎茸を入れて一晩置いて出しを取っておく。

1)ふきは葉と茎に分ける。茎は20㎝程度の長さに分ける。

2)1のふきをサッと洗いまな板にのせ、塩をまぶして手のひらで充分にころがしてあくを抜く。

3)平鍋にふきを入れてかぶる位に水を張り火にかける。沸騰してきたら火を弱め、さえ箸でころがしながら4〜5分煮る。

4)茹だったふきをバットに入れ、表面の薄皮を剥く。向けたものから水にさらして更にアクを抜く。

5)鍋に昆布と椎茸ごと出しをいれて火にかける。プツプツと昆布に泡が付いてきたら引き上げ、さらに10分程干し椎茸からだしを摂る。10分ほどしたら干し椎茸をとりだしかつお節を1つかみ入れ1分煮て火を止め、かつお節が沈むのを待つ。

6)4のふきをサッと洗い、5㎝程度の長さに切り分ける。5のかつお節をあみで漉して取り出す。

7)だし汁にしろ醤油、塩を加え、切り分けたふきを入れて沸騰しないように弱火で10〜20分煮る。


【ポイント】
・手順を簡単にいうと、塩でごろごろしてアク抜き、さっと下煮して皮むき、だし汁を作って煮浸すです。
・アミノ酸豊富なだし汁は、みそ汁とは違った美味しさ。素早く身体に吸収され活力をもたらします。
・季節の山菜であるふきは、食物繊維も豊富で痰の切れをよくして咳をとめるといわれています。塩分排出を助けて血圧を下げる働きや利尿作用のあるカリウムも豊富です。
・ふきの苦みはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸で食中毒の予防、抗酸化作用が期待できます。

2015-04-21 | Posted in おかずNo Comments » 

 

ざっくり蓮根ときのこの洋風きんぴら

13.10.17蓮根洋風きんぴらw3

【材料:2人分】
蓮根・・・・・・・・・・・・100g
舞茸・・・・・・・・・・・・50g
しめじ・・・・・・・・・・・50g
オリーブ油・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
鷹の爪・・・・・・・・・・・1/2〜1本
ニンニク・・・・・・・・・・1片
ハーブ(オレガノ、タイムなど)・・適量

【作り方】
1)鷹の爪は輪切りにしておく。ニンニクはみじん切りにする。

2)蓮根は所々皮のよごれを取り、タテに7〜9㎜幅程の棒状に切る。舞茸、しめじはほぐしておく。

3)少し熱したフライパンにオリーブオイル、鷹の爪、舞茸、しめじを入れて全体を混ぜて炒める。

4)塩少々をふって、きのこの表面に水が出てきたら、蓮根、ニンニクを加えてさらに1〜2分炒める。

5)水大さじ3、塩小さじ1/4を加え、ふたをして4〜5分蒸し炒めをする。

6)火が通ったら全体を混ぜ、さらに塩小さじ1/4、ハーブを加えて炒めながら余分な水分を飛ばす。

7)器に盛り、好みでさらにハーブ、鷹の爪などを添えていただく。


【ポイント】
1、タテに切った蓮根のほっくりとしたきんぴらです。蓮根は輪切りにすると繊維を断ち、シャキッと。縦に切ると繊維が残りほっくりとする。
2、ニンニクやハーブを加えて、洋風のきんぴらに。
3、炒めてから少量の水を加えて蒸し炒めするきんぴら。シャキシャキするだけなく、ほくほくとして消化にやさしいです。

2015-02-26 | Posted in おかずNo Comments »