春メニュー

ふきの土佐煮

15.04.19蕗土佐煮1
プロセス①

15.04.19蕗土佐煮2
プロセス⑤

15.04.19蕗土佐煮3
プロセス⑦

【材料:ふき1束分】
ふき・・・・・・・・・・・・1たば
塩(下処理用)・・・・・・・1つかみ

<調味料>
白醤油・・・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2

だしこんぶ・・・・・・・・・15㎝位のもの1枚
干し椎茸・・・・・・・・・・2枚
かつお節・・・・・・・・・・1つかみ

 

【作り方】
0)昆布と干し椎茸の出しは水800mlの水にだしこぶと干し椎茸を入れて一晩置いて出しを取っておく。

1)ふきは葉と茎に分ける。茎は20㎝程度の長さに分ける。

2)1のふきをサッと洗いまな板にのせ、塩をまぶして手のひらで充分にころがしてあくを抜く。

3)平鍋にふきを入れてかぶる位に水を張り火にかける。沸騰してきたら火を弱め、さえ箸でころがしながら4〜5分煮る。

4)茹だったふきをバットに入れ、表面の薄皮を剥く。向けたものから水にさらして更にアクを抜く。

5)鍋に昆布と椎茸ごと出しをいれて火にかける。プツプツと昆布に泡が付いてきたら引き上げ、さらに10分程干し椎茸からだしを摂る。10分ほどしたら干し椎茸をとりだしかつお節を1つかみ入れ1分煮て火を止め、かつお節が沈むのを待つ。

6)4のふきをサッと洗い、5㎝程度の長さに切り分ける。5のかつお節をあみで漉して取り出す。

7)だし汁にしろ醤油、塩を加え、切り分けたふきを入れて沸騰しないように弱火で10〜20分煮る。


【ポイント】
・手順を簡単にいうと、塩でごろごろしてアク抜き、さっと下煮して皮むき、だし汁を作って煮浸すです。
・アミノ酸豊富なだし汁は、みそ汁とは違った美味しさ。素早く身体に吸収され活力をもたらします。
・季節の山菜であるふきは、食物繊維も豊富で痰の切れをよくして咳をとめるといわれています。塩分排出を助けて血圧を下げる働きや利尿作用のあるカリウムも豊富です。
・ふきの苦みはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸で食中毒の予防、抗酸化作用が期待できます。

2015-04-21 | Posted in おかずNo Comments » 

 

ウドと甘夏のサラダ

12.4.15うど甘夏サラダ11

【材料:4人分】
うど・・・・・・・・・・200g(中1本)
甘夏みかん・・・・・・・1個
新玉ねぎ・・・・・・・・50g
水菜・・・・・・・・・・50g
丸麦・・・・・・・・・・50g
塩・・・・・・・・・・・少々

<合わせ味噌>
西京味噌・・・・・・・・大さじ1+1/2
米酢・・・・・・・・・・大さじ1+1/2
塩・・・・・・・・・・・小さじ1/4

【作り方】
1)丸麦を炊く:丸麦は2〜3回水をかえながら洗い、ザルに上げて水切りする。鍋に麦の4倍の水、塩少々を加えて火にかけ、沸騰したら麦を加えて一混ぜして弱火で20分炊く。火からおろし蒸らしながら粗熱をとる。

2)ウドはタワシや塩で揉んで外側の産毛を取り、6㎝ほどの長さに等分し皮をむいて酢水に浸けてアクを抜く。この酢水を捨てて、水でサッと洗って賽の目に切る。

4)甘夏みかんは薄皮をむいて実だけにして、一口大にほぐす。外皮は白い綿を取り水にさらしてアクを取り、少量をみじん切りする

5)玉ねぎはみじん切りにして塩少々をふってみずにさらして辛味を抜き、ザルに上げてしっかり水気を切る。水菜は3㎝の長さに切る。

6)合わせ味噌を作る:ボールに4の夏みかんから50gを取り分け、フォークでほぐしながら
実をつぶしてジュースを出す。これに合わせ調味料の材料を加えてよく混ぜる。

7)ボールに炊いた丸麦25g、甘夏みかん、うど、水菜を入れ、合わせ味噌を回し入れて
サックリと混ぜる。

8)器に盛り、刻んだ甘夏みかんの皮を飾る。


【ポイント】
1、ウドはアクが強いので作業しながら酢水に浸けていくこと。
2、丸麦は少量で炊くと焦げやすいので50g以上で炊くこと。余った分は冷凍保存して加熱しながら解凍可。

12.4.15うど甘夏サラダ2

2015-04-09 | Posted in おかずNo Comments » 

 

新生姜とワカメの玄米ご飯

新生姜とワカメの玄米ご飯

【材料:4〜5人分】
玄米・・・・・・・・・・・・・2合
水・・・・・・・・・・・・・・3.5合
新生姜・・・・・・・・・・・・40g
塩蔵ワカメ(戻したもの)・・・25g
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2

【作り方】
1)新生姜は千切りにし、塩蔵ワカメは洗って水にさらして戻し、水気を切って荒く刻む。

2)玄米はボールに入れ、水を加えてまぜながら洗う。一度目の水はすぐに捨てる。
同じように水を換えながらニゴリが無くなるまで3〜4回洗い、ザルにあげて水をしっかりと切る。

3)フタ付きのフライパンに玄米と分量の水を入れ、フタを半開きにしてフツフツと沸騰し
てくるまで15分ほど強めの中火で炊く。

4)沸騰したら千切りした新生姜(飾り用に少し取っておく)、塩を加えてフタをしごく弱火
で35分〜40分炊く。

5)火からおろして刻んだワカメをちらし、10〜15分ほど蒸らす。フタを取りしゃもじ
で天地返して優しく交ぜる。乾いたふきんで被いフタをする。

6)器に盛り、残りの新生姜を飾る。

2015-04-03 | Posted in 穀物食No Comments » 

 

Pages: 1 2 3 4 5